湯シャン3か月続けた結果、むしろシャンプー止めるべきとわかった話

スポンサーリンク
モヤモヤ君
モヤモヤ君

・湯シャンて聞いたことあるけど、ホントに髪と頭皮にいいの?

・シャンプーしないと逆に悲惨になるんじゃ…?

・どのくらいで効果が出る?

そんな頭皮の健康を願う向上心ある読者へ向けて。

「湯シャン」

それはシャンプーを使わず、
34~37度のお湯のみによって頭や身体を洗う方法。

この方法が果たして、
本当にシャンプーより頭皮を健康にするのか?
気になるのはそこだ。

「湯シャンは真なのか?偽なのか?」を検証すべく、
2021年11月9日から湯シャンオンリー生活を始めた。

それからおよそ3か月が経過したので、
「湯シャンを続けてどうだったの?」
という疑問に答えよう。

スポンサーリンク

湯シャンを3か月継続して何が良くなった?6つのメリットを解説

湯シャンを3か月継続した結果、
明らかなメリットが6つあった。

①抜け毛が圧倒的に少なくなった

まず最初に気づいたことが、
抜け毛が圧倒的に少なくなった
ということ。

湯シャンする前の話。
僕は普段、シャンプーが終わって体を拭く前に、
手で髪の毛をバサバサして水分を落としている。

するとたいてい、髪の毛が体に結構付着していて、
それを見ると
「こんなに髪抜けてるけどハゲないんかな…」
とたまに不安になったりしていた。

なぜなら、爺ちゃんがハゲだからだ。
父さんは立派に髪を生やしているが、
隔世遺伝で僕が突然ハゲる可能性はゼロじゃない。

【隔世遺伝】
祖先(特に祖父母)にあった劣性の遺伝形質が、
しばらく後の世代の子孫に現れる現象。

広辞苑 第六版

しかし、湯シャンを始めて1か月経った頃、
「あれ…?前より抜け毛減ってない?」
ということに気付いた。

それから経過をみていても、
やはり明らかに抜け毛が減った。

今読んでくれているあなたは
他サイトでも「抜け毛減りました」
報告を見かけたかもしれないが、
気付けるレベルでけっこうホントです。

②後頭部の頭皮荒れが緩和された

僕の頭皮は、うなじ周辺の後頭部が荒れやすい。
気になって掻いたりして、カサブタができている。

掻くせいで傷をつけてしまい、また荒れる。
その繰り返し。エンドレスゲームだった。

しかし、湯シャンを初めてからは
後頭部を掻く頻度が間違いなく低下した。
なぜなら、かゆみが以前よりだいぶ減ったからだ。

③シャワー後の頭皮のかゆみがなくなった

「後頭部の荒れ」のみならず
全体的に頭皮のかゆみがなくなった。

シャワー浴びた後って、
頭皮が乾燥したような感覚
がすることはないだろうか?

そしてかゆいから
「あ~もっとゴシゴシ洗いたい!」
てなる。

しかし、湯シャンに切り替えてからは
そういったことがなくなった。

④頭皮のツッパリ感がなくなった

今まではシャワー後、
頭皮のツッパリ感が気になることがあった。
おそらく頭皮が乾燥していたんだと思う。

眉毛を上げ下げすると頭皮が動くから
ツッパリ感が分かりやすいかも。

湯シャン後は必要な皮脂が生き残っていて、
頭皮を薄くカバーしてくれているような、
乾燥から守ってくれているような感覚があった。

⑤フケが出なくなった

市販ブリーチを2回連投してさらに紫を入れる
という記事を以前投稿したが、
このときのフケはヤバすぎた。

完全に頭皮死んだなコレ
というレベルでフケが止まらなかった。

市販ブリーチ2連投はやめよう。
2度目のブリーチは数日おいてから
やることをオススメする。

閑話休題!

今は髪の脱色をしてないので、
フケがひどいという訳ではないが、
たまに肩に落ちるフケとかがなくなったように思う。

「肩のフケがひどくて困ってる」
という方にも湯シャンはオススメ。
最初の1か月はガマンして頂きたい。

そのあとは体質が改善されて、
徐々にフケが減るだろう。

⑥節約になる(学生は特にありがたい!)

学生や新卒社員にとって

  • シャンプー
  • ボディソープ
  • トリートメント

という日用品費は馬鹿にならない出費だ。

しかし、それらが一切必要ないとしたら?
1年間で数千円は浮くのではないだろうか。
湯シャンはそれを可能にする!

もし今後一生続けていけるならシメたもの。
相当な出費削減になること間違いナシだ!

メリットまとめ:頭皮の健康状態が向上した

3か月の実証実験の結果、

湯シャンは頭皮の健康状態を向上させるメリットがある

ということがわかった。

ここまで上げたメリットは主に
「頭皮の乾燥が改善された」ことが要因だった
のではないだろうか?

シャンプーはどうやら、
頭皮に必要な皮脂まで奪い、乾燥させ、
世紀末のような荒れ地に変貌させていたようだ。

我々はおそらく広告にダマされている。
「毛根のスキマにある皮脂もゴッソリスッキリ!」

じゃないわッ!!

毛根のスキマの皮脂まで
ゴッソリもってくんじゃねえええ( ゚Д゚)

という話である。

  1. 広告にあおられ
  2. 高価なシャンプーを買い
  3. 頭皮は世紀末化し
  4. 毛根は細くなり
  5. 髪の毛のボリュームが減り
  6. それを解決してくれそうな広告が目に入り…

僕らは資本主義の手のひらでクルクル踊ってる。

湯シャンを3か月継続してわかった5つのデメリットを解説

湯シャンのメリットばかり挙げていては、
いかにも湯シャン信者の布教にしか見えない。

ここではデメリットを5つ紹介する。

①洗い残し感が気になった

今までのシャンプー生活から打って変わって
湯シャン生活となると、やはり気になるのは
「ちゃんと洗えてんのかなコレ?」である。

「いつまで洗ってもヌルヌルする…」
「汚れが落ちてなさそうでヤダ」


という感覚・感情は、正直ある。

ただ、それが続くのは最初の1か月だった。
それ以降はなんの違和感もなくなった。

人間の環境適応能力はスゴイ。

…というより、
湯シャン切り替えると頭皮の皮脂分泌量が
本来の正常な状態に徐々に戻っていくため、
継続するほどラクになる
と考えるほうが正しいのではないだろうか。

②頭皮のベタつき感が少し気になった

皮脂がちゃんと落ちてない感覚がある。

おそらく、湯シャン導入前は
乾燥した頭皮を潤すために皮脂腺が
必死で頑張ってる
状態だ。

なので1か月くらいは皮脂残りが
気になるかもしれない。

しかし、そこを乗り越えると
皮脂分泌が正常に戻り始めるからか、
湯シャンがラクになる。

③頭皮の臭いが少し気になった

タオルドライ時に頭皮の臭いがわかる。

クサいというより、人間の臭い。
シャンプー生活ではしなかった臭いだ。

※「匂い」だといい香りになってしまうので
 「臭い」と書いておくが、クサいわけではない。

それも最初は感情的にキツイかもしれない。
しかし、1か月過ぎた頃から臭いは薄れていった。

臭いに関しても最初が少しツライ。
でも最初だけだった。

④髪の毛がゴワゴワした

シャンプー&トリートメントを使った時のような
サラサラヘアーとは打って変わって髪がゴワゴワした。

「なんか髪の毛太くなった?」

と勘違いしてしまったが、たぶんちがう。
でも根元から立つような感覚がある。

これが皮脂によるものなのかはわからない。
しかし、ゴワゴワは3か月経った今は感じなくなった。

この感覚も最初だけだろう。

⑤湯シャンはシャンプーより時間を要する(練度次第)

シャンプーのほうが洗うのは速かった。

少し閑話だけど、
シャンプーって面倒じゃないか?

  • 無くなったら詰め替えの購入
  • 詰め替え作業
  • 赤カビなどの発生リスク
  • ボディソープ、トリートメントも同様

とにかく管理がめんどい。

…話を戻して、

管理はめんどいが、
シャンプーを使うほうが
洗い終わりは速いのだ。

湯シャンビギナー当初は特に
キレイに洗おうと頑張るため
余計時間がかかった。

当初は時間にして25分くらいだった。
しかし、少しずつ湯シャンは速くなる。

なぜなら、

  • 皮脂分泌が正常に戻る
  • 見切りをつけるようになる

からだ。

見切りをつけるというのは、
「このくらい洗えたら十分だ」
と判断できるようになる、という意味だ。

目標時間を設定する方法も有効だ。
タイムアタックしてみると
ゲーム性があるので楽しく時間短縮できる。

デメリットまとめ:最初の1か月を少し我慢すれば、大体の問題は解消される

デメリットの大半は、
最初の1か月を乗り越えることで
解消するものだらけだった。

それ以降はメリットが如実に現れ始め、
現在は
「あ、もうシャンプー使いたくない」
というところまで来ている。

長い人生、まず3か月だけ
実践してみることをおススメする。

それで合わなければ
シャンプーに戻ればいいのだ。

湯シャンするときの注意点

34~37度の熱すぎない温度で流そう。

それ以上は逆に乾燥して、
体までかゆくなったりする。
これは湯シャンだからとか以前の問題だ。

また、湯シャン前はブラッシングを4~5回
するほうがよい。

髪に付着したホコリが
落ちやすくなるからだ。

僕はブラッシングをサボってきたので
これから取り入れていきたい。

まとめ:最初の1か月を頑張れば、湯シャンの恩恵は徐々に大きくなる

3か月湯シャンを継続した結論は
「湯シャンは頭皮の健康状態を向上させる」
ということだ。

反面、
「シャンプーがいかに頭皮を劣悪な環境にしていたか」
を実感する結果となった。

湯シャンの効果を実感するまでは時間を要する。
「途中で挫折してシャンプーに手が伸びてしまうかも…」

そんな人におススメな解決手段がある。
シャンプー一式を浴室外に出す
コレだ。

こうすればシャワー中にうっかり
シャンプーすることはない。

うっかり防止である。

自分に合うかどうか、
それはあなた自身でまず試してみてほしい。

シャンプーをやめると、髪が増える 抜け毛、薄毛、パサつきは“洗いすぎ”が原因だった! (角川書店単行本)
髪の悩みが解決するたった一つの方法…それはシャンプーをやめること。ブラッシ&...

コメント

タイトルとURLをコピーしました