ゲームに虚無感を感じるあなたへ。

マインド的な
スポンサーリンク

コロナの影響で世界はインドア生活続き。

家でなにしてますか?

ゲームって楽しいからずっとやれますよね。

僕もゲーム楽しくて一生やってますた。

しかし、ふと我に返るんですよ。

「おれ、毎日なにしてるんだろう( ^ω^)・・・?」

なんか、さみしい気分になるんです。

虚無感です。

虚無感=すべての物事に意味が感じられず、むなしい感情

「もっと人生やれることあんじゃないの?」って。

スポンサーリンク

ゲームに虚無を感じる

近ごろ、ゲームすると「あれ、なんでこんなことしてるんだろう・・・」と我に返る。

昔はメタルギアソリッド4とかバイオ5とか、何周もやってたんですよね~。

ここ数年はPUBGとかバトルフィールド系のFPSとか。

でもやめた後、「もうこんな時間か、、、無駄な時間を過ごしたな」みたいな、燃焼しないモヤモヤが残ってばっか。

いや作品がつまらんとかじゃなく。

結論いうと、「自分がイマやれること」を知らないから、惰性でゲームやるんだと思うんです。

自分にできることを知らないのは当たり前です。(前世の記憶あるタイプは話変わります)

それを知っていこうと行動することが大切。

やり続けた先に何がある?=利がない

大人になってからゲームをしなくなる人多いのってなんでですかね?

僕が思うに、自分の世界が広がることが要因なんじゃないかなって。

子供の頃は、学校の中でしかコミュニティーがない井の中のカワズだし、ゲームの上手さがステータスだった。

でも、大人になれば自分のお金で他の趣味に手を出せるし、自分という人間の価値がゲームに左右されない。もっと別のものに変わる。

そうなると、ゲームを損得勘定の天秤に乗せるようになる。

つまり、ゲームをすることで自分にどんな実利があるのかって考えるようになる。

結果、ゲームが得意になったところでプロゲーマーには勝てないってことに気づいて、意味ない行動だと判断するのです。

自分にできる幸せを探す。<消費する側にならない>

ここまで、ゲームをやらなくなるのは社会人から、みたいな言い回しをしたが、学生で虚無感を強く感じたなら、社会人よりチャンスがある。

社会人にはない、非常に大きなアドバンテージ。

そして最も大切な資本。

時間だ。

学生にはなんでもやれるだけの時間がある。4年間もある。

人間4年もあれば何者にでもなれる。と信じてる。

その時間を、ゲームにお金をつぎ込んで消費する日々で終わらせるのはモッタイナイ。

経験を発信して価値を感じてもらったり、まだ知らない世界を知る(知見を得る)ために本を読んで勉強したり。

そうして生産する側になれるよう試みることが、虚無感からの脱却に大きく貢献することを知った。

ゲームから学ぶこともある<完全な無駄ではない>

ゲームをまるでムダなことだと主張しているわけじゃあないんです。

ゲームの物語に感動を覚えることはたくさんあるし、考えさせられる問題提起もある。

社会問題だったり、人間関係の悩みを、ゲームの世界を通じて知ることもできる。

だからゲームするのを否定するのではない。

問題は「俺、毎日なにしてんだ?」という虚無状態にある。

熱中して楽しめてるなら良い。

でも、そこから冷めた時、あなたは「イマを生きていない」。

そうなったとき、少しゲームから離れてみることをオススメしたい。

自分が何か価値を生み出せないか。

人に相談してみるのもイイけど、本を読むめば簡単に人生をショートカットして知れる。

今はyoutubeのあるから、活字が苦手な人は動画からヒントを探すのもアリです。

今日のまとめ

ゲームに虚無感を感じたら、自己成長のヒントを得るチャンス!

人に相談するのもヨシ、図書館や本屋、bookoffで本を探すのもヨシ!

本は興味のアンテナに引っかかったものを素直に読んだらOKです👍

コメント

タイトルとURLをコピーしました